/

この記事は会員限定です

全日空、アジアで共同事業

シンガポール航空とダイヤ・運賃調整

[有料会員限定]

全日本空輸(ANA)は月内にもシンガポール航空と包括提携する。日本と東南アジアをつなぐ路線で、これまでの共同運航(コードシェア)から踏み込み、ダイヤや料金を調整しあう。「共同事業(総合・経済面きょうのことば)」と呼ぶ取り組みで、ANAがアジアで実施するのは初めて。東南アで存在感の高まる格安航空会社(LCC)や中東勢に対抗する動きで、さらなる航空再編の呼び水となる。

両社は共同事業を始める契約を結ん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン