/

この記事は会員限定です

新型肺炎発症、新たに17人

中国・武漢、計62人に 上海・深圳でも感染疑い報道

[有料会員限定]

【大連=渡辺伸】中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、同市衛生当局は19日、17日時点の患者数が17人増えて計62人になったと発表した。患者数の増加が確認されたのは2日連続で、今後も増え続ける可能性があるという。市当局は空港などに体温を測るサーモグラフィーを配備し、警戒態勢を強めている。

市当局によると、新たに発症したのは30~79歳の男女17人。13日までに発症した。計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り525文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン