木下稜「覚醒」 8位に浮上
右肩上がり「自信が確信に」

2020/1/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

SMBCシンガポールオープン(18日・セントーサGCセラポン=7397ヤード、パー71)

順延となった前日の残りと第3ラウンドが行われ、リオデジャネイロ五輪銅メダルのマット・クーチャー(米国)が62で通算17アンダーとし首位に立った。3打差の2位で前年優勝のジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)、6打差の6位でリオ五輪金のジャスティン・ローズ(英国)が追う。

日本勢は木下稜介が6バーディー、2ボギ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]