地球史に「チバニアン」 国際学会決定 日本の地名初採用

2020/1/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国立極地研究所や茨城大学などの研究グループは17日、地球史の一時代が千葉の名前に由来する「チバニアン(千葉時代)」と命名されることに決まったと発表した。韓国・釜山で開かれていた国際地質科学連合の理事会が日本の申請を了承した。約46億年におよぶ地球の年代名に初めて日本の地名が採用される。(関連記事総合5面に

地球の年代は「ジュラ紀」など当時の様子を示す地層の所在地などをもとに名付けるのが通例だ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]