春季交渉、賃上げ多様に 電機大手、教育・待遇など合算

2020/1/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

電機大手の労働組合でつくる電機連合は2020年の春季労使交渉で、回答は加盟労使の個別判断を容認する方針を決めた。ベースアップ(ベア)3000円以上を一律に求める一方、賃金改善と、教育や待遇などと合算した回答を初めて認めることを検討する。自動車総連は2年連続でベア要求額の統一見解を見送っている。産業別組合で唯一、同額要求・同額回答を基本的に維持してきた電機の回答もばらつけば、企業の賃金体系の多様化…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]