ウィーワーク、オフィスリース新規契約9割減

2020/1/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=後藤達也】米シェアオフィス大手のウィーワークがオフィススペース向けのリース契約を急減させている。不動産サービスCBREによると、2019年10~12月の新規のリース面積は同9月までのペースと比べて9割強減少。経営再建に向け、人員削減などを進めているが、シ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]