ビジネスTODAYEV電池、分散調達広がる
三菱自、旧日産系から 不足に備え、価格下げも狙う

2020/1/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

自動車大手が電気自動車(EV)などに使う車載電池の調達先を広げている。先行するトヨタ自動車などに次いで、三菱自動車も今年から分散調達を始め、欧米では自動車メーカーが自ら生産する動きも出てきた。需要の急増で電池が安定調達できないリスクを避け、EVの製造コストの約半分を占める電池の価格引き下げも狙う。電池の価格が2010年に比べ9割近く下落するなか、電池メーカー側も高効率品の開発を急いでおり、EVの…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]