中国電の再稼働に影響も 上関新設、訴訟相次ぐ可能性

2020/1/18付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

中国電力は17日、伊方原発3号機を巡る広島高裁の決定に対し、「他社の原発に関する裁判のため、コメントを差し控える」と話した。ただ、今回の決定は中国電にとっても無関係ではない。

中国電が抱える島根原発では3基の原子炉のうち1号機は廃炉に向けた作業中だが、2号機と3号機は順次、再稼働に向けて原子力規制委員会の審査を受けている。1、2号機を巡っては、地元住民が運転差し止めを求め1999年4月に訴えを起…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]