伊方原発運転差し止め、中国電の再稼働に影響も
上関新設、訴訟相次ぐ可能性

2020/1/18付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

広島高裁が17日、四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを認める決定を下したことは、中国電力の原発事業にも影響を与えそうだ。島根原発(松江市)の再稼働や上関原発(山口県上関町)の建設に向け地元住民の理解を得るには至っていない。今後は、さらなる訴訟リスクもにらみながら一層、丁寧な地元対応が求められることになる。

中国電力は17日、伊方原発3号機を巡る広島高裁の決定に対し、「他…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]