/

この記事は会員限定です

砂糖、2年ぶり高値

国際価格 天候不順で生産減見通し 燃料転用も増加観測

[有料会員限定]

砂糖の国際価格が2年ぶりの高値をつけている。主要産地であるインドやタイの天候不順で2019~20年度(19年10月~20年9月)における世界の砂糖需給は供給不足が見込まれるためだ。中東情勢の緊迫化に伴う原油高への警戒感で、サトウキビからバイオ燃料への転用が増え砂糖の供給が細るとの観測も一因だ。国内製糖会社も先高への懸念が出始めている。

砂糖原料の粗糖は指標となるニューヨーク先物(期近)が現在1ポン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り914文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン