新型肺炎を機に備え高めよ

2020/1/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎患者が国内で初めてみつかった。中国に渡航していた。感染は広がっていないが、空港検疫などの水際対策には不安が残る。訪日客が増える東京五輪を控え、厚生労働省などは対策に漏れがないか、いま一度点検すべきだ。

新型肺炎にかかった中国人の30代男性は、40人以上の患者が出た中国の武漢から1月6日に帰国した。発熱したが検疫にひっかからず、ウイルスがわかるまでに3つの医療機関を受診…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]