/

この記事は会員限定です

アジア開銀総裁に浅川氏就任 国際課税の議論に意欲

[有料会員限定]

アジア開発銀行(ADB)の総裁に17日、浅川雅嗣氏が就任した。財務省で通貨政策を担当する財務官を過去最長の約4年務めた経験を生かし、アジアのインフラ開発に取り組む。日本経済新聞のインタビューでは「ADBで国際租税の役割を強化し、BEPS(税源浸食と利益移転)に対応したい」と述べ、国際課税の議論への意欲を示した。

浅川氏は2016年まで、アジア出身者では初めて経済協力開発機構(OECD)租税委員会の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン