/

この記事は会員限定です

光子1つだけ放出 量子暗号に応用も

[有料会員限定]

慶応義塾大学 牧英之准教授らは東京学芸大学と共同で、光の粒(光子)を1つだけ正確に放出する手法を発見した。炭素が筒状につながった「カーボンナノチューブ」を使う。解読不可能とされる「量子暗号」の技術に応用できる可能性がある。

量子暗号は光子を使って情報をやりとりする。正確な情報を伝えるには、狙った時に光子を1つ取り出す手法が必要だ。光子源として注目される「量子ドット」は極低温の環境...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません