実用品もアート、食器のコンペ

2020/1/18付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

茨城県陶芸美術館(笠間市)は「笠間陶芸大賞展」を開催する。伝統工芸、オブジェなどあらゆるジャンルを扱う従来の公募部門に加え、指名コンペ部門も設けた。指名コンペ部門は「生活の器・食器」をテーマに、5人の委員が制作者を推薦して実施する。両部門とも6月に最終審査を行い、受賞作は10月から2021年1月中旬にかけ同館で展示する。

従来の公募部門では鑑賞用の陶器が多くを占める。実用的なものはアートではない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]