<CASEの今>(1)完全自動、日本の歩道で
ZMP、地図タップだけで目的地 車道での普及なお遠く

2020/1/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

自動車を巡る次世代技術「CASE」がIT(情報技術)やエネルギー、不動産など幅広い業種に変革をもたらしうるものとして関心を集めている。CASEの普及はどんな未来につながり、開発はどこまで進んでいるのか。分野ごとに検証した。初回は自動運転。車道での普及には時間がかかるが、歩道用の車両は近く実用化される。

ハンドルもアクセルもブレーキもない。腰掛けて、タブレット端末の地図をタップするだけで目的地まで…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]