2020年 火星を目指して(下) 各国が探査機打ち上げ予定

2020/1/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

宇宙開発で急速に実力をつけてきた中国も2020年、火星に向け周回衛星と探査機を同時に打ち上げる予定だ。

有人宇宙活動を単独で実現し月の裏側に無人探査機を着陸させた中国にとって、火星探査は次の大きな挑戦だ。米国や欧州・ロシア連合と同様、火星にかつて存在した可能性のある生物の痕跡の発見と、太陽系の形成の解明につながる岩石採取などを目標に掲げる。

中国は宇宙開発に関する計画の詳細を明かさない。火星探査…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]