阪神大震災25年、記憶と教訓 次代へ

2020/1/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

6434人が亡くなった1995年の阪神大震災から17日で25年を迎えた。被災地・神戸市などでは令和初の追悼行事が開かれ、市民らは犠牲者の冥福を祈った。震災から四半世紀がたち、兵庫県内の復興目的の再開発事業が全て終了。今後、震災で遅れた再開発など都市開発への投資に軸足を置く段階に入る。(関連記事を社会2面に

地震発生時刻の午前5時46分。犠牲者らの名前が刻まれたモニュメントがある神戸市中央区の東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]