メッツ新監督解任 大リーグのサイン盗み問題 ベルトラン氏、現役時主導か

2020/1/17付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=共同】米大リーグ、メッツは16日、現役時代の2017年にアストロズでサイン盗み問題に関わったとされたカルロス・ベルトラン監督(42)の解任を発表した。昨年11月に3年契約を結び、今季が監督1年目となる予定だった。アストロズのA・J・ヒンチ氏、レッドソックスのアレックス・コー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]