財政健全化、議論空虚に 内閣府試算、増税でも悪化 社会保障改革の歩み遅く

2020/1/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

内閣府は17日の経済財政諮問会議で、国と地方の基礎的財政収支(PB)が2025年度に3.6兆円程度の赤字になるとの試算を示した。19年10月に消費税率を引き上げても財政の悪化が続き、目標とする25年度のPB黒字化は一段と遠のいた。世界的にも景気下支えのため財政出動圧力が強まるなか、財政健全化に向けた議論は停滞している。

今回の試算では政策効果を最大に見込んだ「成長実現」ケースでも、25年度のPB…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]