阪神大震災から25年 都市防災、歩み止めず 大規模火災リスクなお

2020/1/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

死者6434人、行方不明3人、住宅の全半壊約25万棟もの被害をもたらした阪神大震災。神戸市と周辺ではビルや高速道路などが倒壊し、都市防災を見直す原点となった。17日で発生から25年。全国的に耐震化は進み、災害医療、被災地支援も充実してきたが、想定される首都直下型地震や南海トラフ巨大地震に教訓や対策はどこまで生かせるだろうか。(関連記事を社会2面に

神戸市長田区を歩いた。被災地区は主に3階建て住…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]