「子どもたちに震災伝えたい」 兵庫各地で追悼

2020/1/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

阪神大震災で被害の大きかった兵庫県内の各地では16日、追悼行事が始まった。集まった人々は四半世紀の歳月に思いをはせ、手を合わせて犠牲者の冥福を祈った。

兵庫県伊丹市の昆陽池公園では同日夕、犠牲者の数と同じ6434本のろうそくに火をともす「追悼のつどい」が開かれた。ろうそくには「震災のことは忘れません」「笑顔の絶えない未来へ」などのメッセージが書かれている。集まった近隣住…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]