採用直結のインターン 理系大学院生に推奨へ 政府、研究専念へ環境整備

2020/1/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は大学院生を対象に採用につながるインターンシップを認める方針だ。主な対象に理系の大学院生を念頭に置く。修士論文審査後の3カ月程度を想定し、有給のインターンで企業の開発現場で研究に携われるようにする。大学院生が研究に打ち込める環境を整え、専門知識の取得と研究力の強化につなげる。2022年の実施をめざす。

博士課程でも同様にする。後期課程3年間の間に1年のインターン期間を設定し、複数回経験できる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]