/

この記事は会員限定です

「後継者不在・未定」65%

県内企業、民間調査 休廃業など増加

[有料会員限定]

帝国データバンク千葉支店が2019年11月にまとめた調査によると、県内企業のうち65%にあたる5475社で、後継者が不在または未定だった。

一方、18年に県内で休廃業・解散した企業は826件。17年比で1.5%増えた。倒産件数(254件)の3.3倍の水準で、事業承継が県内の大きな課題となっていることが裏付けられている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン