/

この記事は会員限定です

「ベトナムの大地にゴングが響く」 柳沢英輔氏

変わりゆく音色、丹念に記録

[有料会員限定]

ベトナム中部の高原地帯に何度も通い、同地で少数民族の人々が儀式に使う金属製の楽器、ゴングの調査を2006年から続けている。「最初にたまたまレコードで演奏を聴いたら、ドーン、ボーンといろんなゴングの音色が重なって、頭にガツーンと響いてきた。衝撃的な美しさで、これしかないと思った」

ちょうど専門研究のテーマを考えていた時だった。「ベトナム語は話せないけど、とにかく情熱を持って現地に行ったら、道は開けて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り658文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン