特許の培養技術 試す? 無届け再生医療疑い、逮捕の元講師ら

2020/1/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大阪医科大(大阪府高槻市)の元講師が無届けで脂肪幹細胞を人に投与する再生医療を行ったとされる事件で、大阪府警生活環境課は15日、元講師の医師、伊井正明容疑者(52)=同府茨木市沢良宜西1=ら2人を再生医療安全性確保法違反の疑いで逮捕した。

捜査関係者などによると、伊井容疑者は脂肪幹細胞の培養に関わる技術で特許を取得しているが、効果は動物実験でしか確認されていない。今回の幹細胞の培養時にこの技術を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]