/

この記事は会員限定です

県内、官民で保育士負担軽く 昼寝記録をIoTで

戸田市、転職支援と提携

[有料会員限定]

埼玉県内で保育分野に新技術や民間ノウハウを活用する動きが広がっている。人工知能(AI)を活用して保育士の業務負担を軽減したり、転職支援会社と連携し保育園向けに採用活動を支援したりする。保育需要が膨らみ人材獲得競争が激しさを増すなか、人の確保とともに質向上にもつなげる狙いがある。

埼玉県は民間企業と行政サービスの向上を図る事業「サイコロ」の一環で、保育園向けIT(情報技術)サービスのユニファ(名古屋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り796文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン