京アニ犠牲社員に労災 京都労働局認定、補償を支給

2020/1/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

京都アニメーションのスタジオ(京都市)で起きた放火殺人事件で、死亡した社員らの労災が認定され、補償の支給が始まったことが15日、複数の遺族への取材で分かった。申請した遺族によると、昨年11月に支給決定通知書が届き、既に一部が口座に振り込まれたという。

京都労働局によると、労災は仕事中に死亡したり、けがをしたりした場合に申請し、労働基準監督署が調査して支…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]