ネットで視覚バリアフリー
米国

2020/1/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

米国でレストランやホテル、商業施設などでインターネットを対象にした視覚障害者のバリアフリー対策が広がっている。大手宅配ピザチェーンがネットの注文サイトを盲人も使えるような仕様にしていなかったことで訴訟が起き、最高裁に持ち込まれたのを背景に、米企業が公共施設やネットを障害者も平等に利用できる権利の保護に動き出した。

全盲のジュレルモ・ロブルズさんは、カリフォルニア州で米宅配ピザ大手ドミノ・ピザを相…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]