中国、武力統一放棄せず 台湾師範大学教授 范 世平氏

2020/1/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

――総統選は米中「代理戦争」の構図でした。

「米国が親米的な蔡英文(ツァイ・インウェン)総統を事実上後押しし、選挙戦に影響した点で過去と大きく異なる。米側がSNS(交流サイト)などで中国の情報工作の危険性を提起したのは明確な介入ととれる。ポンペオ氏が米国務長官として初めて総統の当選を祝福したのも象徴的だ」

「統一拒否に加え、米中摩擦や中国の経済減速で対中接近の利点が薄れた。中国と距離を置く民意を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]