/

この記事は会員限定です

マリオ、目指すはミッキー流

任天堂、USJに今夏新エリア キャラ育成に活路

[有料会員限定]

米グーグルやアップルなどのゲーム事業参入に直面する任天堂が、次の成長に向けキャラクタービジネスに解を見いだす。14日、マリオなどのキャラクターを生かしたテーマパークへの進出の概要を発表した。知的財産(IP)を生かしたビジネスモデルの構築を探る。めざすのは米ウォルト・ディズニーだ。ただディズニーは放送や映画配給など多様な部門を持ち、はるか前を走る。任天堂に勝算はあるのか。

任天堂とユー・エス・ジェ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1493文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン