/

この記事は会員限定です

発電用の石炭、価格差が縮小

高品位炭、先進国で逆風強く 低品位炭、新興国需要増支え

[有料会員限定]

発電用石炭(一般炭)のアジア市場で、発熱効率が異なるグレード間で需給バランスに差が生じている。効率が優れる高品位炭は日本などが多く輸入するが、脱石炭を進める先進国の需要減少で1年前より価格が3割超下落。割安な低品位炭は新興国の消費が旺盛で値下がり幅が小さい。両者の価格差は1年で3分の1に縮小し、石炭使用に対する先進国と新興国の姿勢の違いを鮮明に映し出している。

一般炭のアジア指標となるオーストラリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1094文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン