/

この記事は会員限定です

低収益時代の成長戦略は M&A支援全面的に

北洋銀行頭取 安田光春氏

[有料会員限定]
 北海道の地銀2行は全国よりも急ピッチで進む人口減少により、厳しい収益環境にさらされている。長期化するマイナス金利政策下で金融機関の低収益も当面続きそう。地域経済を支えながら、2020年以降の成長戦略をどう描くのか。北洋銀行の安田光春頭取と北海道銀行の笹原晶博頭取に聞いた。
(聞き手は塩崎健太郎)

――銀行は新たな収益源の確保が急務です。

「銀行は従来は貸出金の利息収入が主な業務だった。ただ人口減少で今はそ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り856文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン