中心部の空室率 最低水準 市、建て替えや再開発促す

2020/1/15付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

仙台市中心部のオフィス空室率は過去最低の水準に沈む。オフィス仲介大手の三鬼商事(東京・中央)によると、2019年12月は前年同月比0.21ポイント低下の4.19%で、同年9月には4.07%と1992年の統計開始以来最低を記録した。

仙台市では建物の老朽化が進み、市中心部では昭和期以前に建てたビルが60%強を占める。背景には建て替えると容積率の規制で現在の延べ床面積を維持できず、賃料収入減を懸念す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]