東北2020 一挙3棟、企業の呼び水 仙台市内オフィスビル
3年ぶり新規供給

2020/1/15付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

オフィス不足が深刻な仙台市内で2020年、待望の新たなオフィスが完成する。新規供給は3年ぶりで、一挙に3棟できる。新オフィスは企業誘致の起爆剤として期待され、21年にもさらに2棟が完成する計画だ。

3棟の先陣を切るのは東京建物が建設している「仙台花京院テラス」で、1月中に完成する予定。延べ床面積は約5800平方メートルで、JR仙台駅から歩行者専用デッキを使えば徒歩6分の距離だ。

1フロアは500…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]