/

この記事は会員限定です

中堅の投下資本営業利益率、30%以上が50社超

コト消費、ネットで喚起

[有料会員限定]

中堅の上場企業が資金を効率的に使い、稼ぐ力を高めている。日本経済新聞社が売上高100億円以下の企業「NEXT1000」について、投下資本営業利益率(ROIC)を調べたところ、過去3年平均で30%以上となった企業は50社を超えた。コト消費を喚起するサイトの運営など、ネットを活用して新市場を開拓する企業が目立つ。(関連記事をNEXT1000面に)

投下資本営業利益率は、事業に投じた資本がどれだけ本業の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り405文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン