/

この記事は会員限定です

自動運転バス 安全運行競う

今年国内で実用化 ALSOK、遠隔見守り

[有料会員限定]

今年から国内で始まる予定の自動運転バスの実用化を控え、企業のサービスや技術の開発競争が熱を帯びている。綜合警備保障(ALSOK)は車両の内外での見守り技術を開発し、オムロンは運行管理の実験を始めた。自動運転バスの技術・サービスは世界全体で8兆円市場になるとの見方もあり、新しいビジネスが生まれそうだ。

「車内でトラブルは」「車両故障は」。自動運転バスに取り付けられたカメラが周囲をくまなく映し、遠隔で警備員が監視を続ける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1280文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン