/

この記事は会員限定です

15日、米中「第1段階の合意」署名

雪解け前進もいばらの道

[有料会員限定]

米中両政府は15日、貿易交渉を巡る「第1段階の合意」の署名式をワシントンで開く。中国が輸入を増やしたり知的財産権の保護を強めたりする代わりに、米国は制裁関税の一部を引き下げる。トランプ政権は2018年7月から対中関税を拡大してきたが、初めて制裁を緩和する。ただ大部分の関税は残るほか、中国の産業補助金など構造問題も未解決で、世界経済を揺るがす貿易戦争が収束する道筋はまだ見えない。

トランプ米大統領は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1333文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン