/

この記事は会員限定です

中東緊迫、動じぬ原油

世界で供給過剰 米、高騰恐れず強気外交

[有料会員限定]

米国とイランの対立で幕を開けた2020年。中東で地政学リスクが高まれば原油価格が急騰しかねないと世界が身構えたが、価格は一時の上昇にとどまった。ニューヨーク原油先物価格は1バレル59ドルと米国によるイランの司令官殺害前に戻っている。市場の反応が鈍い背景には、原油市場での中東の存在感の低下がある。シェールオイルを増産する米国などの台頭で、世界で供給が過剰気味だ。原油市場の構造変化が政治・外交にも変化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1303文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン