/

この記事は会員限定です

完全自動運転「業界全体で計画遅れ」

トヨタ開発幹部のプラット氏

[有料会員限定]

トヨタ自動車で1月に副社長級のエグゼクティブフェローに就任したギル・プラット氏が、日本経済新聞の取材に応じた。同氏は自動運転開発を率いる。完全自動運転の実用化について「競合他社では計画が後ろにずれ込んでいるところがある」と指摘。2020年代初頭にも業界で実用化の動きが出始めるとされていた時期が遅れそうだとの見方を示した。

米国で開かれたデジタル見本市「CES」では多くの企業が関連技術を発表するなど注目度は高ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン