/

この記事は会員限定です

カキ殻、広がる用途 ボルダリング滑り止めに

「手にやさしい」好評

[有料会員限定]

塗料や接着剤などの材料メーカーの山陽クレー工業(岡山県備前市)は、粉状に砕いたカキ殻を使った学校用チョークや特殊接着剤の原材料などの製造に2008年から取り組んできた。昨秋には培ってきた粉砕技術で、民芸品用下塗り顔料として不純物の少ないキメ細かな粒子のカキ殻粉「吉備胡粉(ごふん)」を開発、新用途を探る。

ターゲットに浮上したのは、東京五輪の正式競技にもなったボルダリングの滑り止めとなるクライミング...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り376文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン