/

この記事は会員限定です

原因より「手立て探し」を

[有料会員限定]

とっさの考えは悲観的になりやすいし、少し落ち着いて考えると希望が生まれてくるという考えは、原始時代から続いている私たちの基本的な思考パターンだと、前回書いた。ストレス状況では、とっさに浮かんだ悲観的な考えに左右されないで、ひと息ついて将来の可能性を考えてみることが役に立つ。

「原因探し」ではなく「手立て探し」をするように意識するとよい。私たちはよくないことが起きたとき、「なんであんなことをしたのだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン