/

この記事は会員限定です

米の分裂 民主主義への挑戦 「政治的部族」深まる対立

慶応大学教授 渡辺靖

[有料会員限定]

〈米国の分裂〉が危惧されて久しい。しかし、建国以来、米国はつねに分裂しており、一つにまとまらないことが彼(か)の国の活力の源泉でもある。私が米国留学していた四半世紀前から党派対立は凄(すさ)まじかったが、米国史を紐解(ひもと)けば、さほど稀有(けう)な現象でもない。

では、杞憂(きゆう)に過ぎないかというと、そうではない。近年の〈分裂〉は、従来とは異なり、トライバリズム(政治的部族主義)としての性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1398文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン