コーヒー豆 下落 国際価格、1カ月で14% 豊作観測で

2020/1/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

コーヒー豆の国際価格が下落している。指標となるアラビカ種のニューヨーク市場の先物(期近)は現在1ポンド117セント前後。2年3カ月ぶりの高値をつけた2019年12月中旬から1カ月余りで14%下がった。米農務省が19~20年度の世界の生産量が消費量を上回るとの見通しを発表した。最大生産国のブラジルで20~21年度に豊作が見込まれることも一因だ。

国際価格は19年11月から12月に急騰した。ブラジル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]