/

この記事は会員限定です

知財・フリーランス…大企業はリスク警戒

[有料会員限定]

「この条項の見直しは『優越』に該当しませんか」。独禁法に強い弁護士は過去1~2年で、大企業からの相談が急に増えたと口をそろえる。

業務提携や研究開発を巡る知財の取り扱いなど様々なケースが持ち込まれるが「相談の9割は杞憂(きゆう)」という。相手に不利益を与える変更でも、全体として適正といえるなら違法にはならないからだ。それでも一律の条件変更などは相手方に相応の不利益を与える例も多く、「合理性や、事前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン