/

この記事は会員限定です

米・イラン衝突回避に思惑

「大統領選」「体制存続」 市場は安堵、株高に

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅、ドバイ=木寺もも子】トランプ米大統領は8日、イランによるイラク駐留米軍へのミサイル攻撃に対する報復措置として軍事力は行使しない考えを表明した。全面対決も辞さない姿勢を示してきたイランは攻撃を事前通告し、米国も反撃を見送るなど、本格的な武力衝突の回避へ水面下で駆け引きを繰り広げていた。(関連記事総合2国際2面に

「米国人の犠牲者はいない。基地がわずかに打撃を受けただけだ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン