東大病院放射線科医 前田恵理子さん(1) 肺がん 4度の再発越えて

2020/1/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2015年2月、私は勤務先の東京大学病院のコンピューター断層撮影装置(CT)操作室で、撮られたばかりの自分の画像を見つめていた。とげとげしい18ミリメートル大の肺結節が映し出されていた。放射線科医の矜持(きょうじ)で10種類ほど鑑別診断を考えたが、どう見ても9割以上の確率で肺がんと言わざるを得なかった。

「ごく初期の肺がんなので切れば治る」と信じて10日後に受けた手術は、容赦ない現実を突きつけた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]