半導体開発、専用チップの時代 東京大学教授 黒田忠広氏

2020/1/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京大学が半導体の受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)と半導体技術の共同研究で提携した。データ社会に欠かせない半導体の設計、試作を手掛ける。東大で提携を率いるシステムデザイン研究センター長の黒田忠広教授は「半導体を巡ってゲームチェンジが起きている。日本は今ならまだ戦える」と力説する。

私が20年在籍した慶応義塾大学で学んだ一番大きな教訓は福沢諭吉が使った言葉だ。「学者は国の奴雁(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]