ロート、医療用にピント 主力市販薬の先行き不透明 目薬、愛知の専業を買収 再生分野、塩野義製薬と連携

2020/1/9付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

ロート製薬が医療用分野に活路を見いだそうとしている。医療用の点眼薬メーカーの買収に踏み切ったほか、再生医療分野の研究開発も進める。インバウンド(訪日外国人)需要が一巡し、ドラッグストアなどで扱う一般向け医薬品(OTC)の目薬やスキンケア製品など主力事業の先行きが不透明な中、ロートの成長をけん引できるか。

昨年11月、ロートの今後を占うM&A(合併・買収)の発表があった。医療用点眼薬を手掛ける日本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]