/

この記事は会員限定です

イラン報復 緊張一段と

米軍駐留基地にミサイル ハメネイ師「米に平手打ち」

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光、ワシントン=永沢毅】イランが8日、米軍のイラク駐留(総合2面きょうのことば)基地2カ所をミサイルで攻撃した。米国によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害は、イランによる国家レベルの報復攻撃に発展した。米イランは双方の本格的な軍事衝突を招く一触即発の状態にある。中東情勢の流動化は、米中の貿易戦争とともに世界経済の深刻なリスクとなる。(関連記事総合1総合2国際面、社会1面に)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン