/

この記事は会員限定です

維新、下地氏の除名を決定 議員辞職も勧告

[有料会員限定]

日本維新の会は8日の常任役員会で、下地幹郎衆院議員(比例九州)が出した離党届を受理せず、除名処分にすると決めた。議員辞職も勧告した。

下地氏はカジノを含む統合型リゾート(IR)参入を巡る贈収賄事件に絡み、中国企業「500ドットコム」から現金100万円を受領したとして7日に離党届を提出していた。政治資金や選挙運動に関する収支報告書のいずれにも記載していなかった。

馬場伸幸幹事長は大阪市内で記者団に「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン